サプリメントの活用で大事なのは?

効果よりも栄養を補う必要性

食品に含まれる栄養が年々減少しているようですが、反対に様々な農薬などの利用が懸念されたりもしています。、これからの時代は、「栄養補給=天然の食品から」ということも健康に直結しなくなってくるかもしれません。

では、どのような栄養を重要視すべきかということになりますが、これは、人それぞれどのような部分を重要視するかによって変わってくる問題です。

例えば、スキンケアなど肌の美容を重視しているなら、ヒアルロン酸やコラーゲンなど、保湿成分としての役割を担うものが人気だったりします。

また、髪の毛や爪では、ビオチンや亜鉛などの成分という方法もあります。
これらは、まつ毛の美容としても重宝されているそうですが、今では、リバイタラッシュなどまつ毛美容液というものもあるそうです。

現代の生活習慣を考えると、特に、首から上を酷使している傾向にあります。

特に目の健康は、早めに意識しておきたいところですが、硝子体という眼球内組織には、コラーゲンとヒアルロン酸なのでスキンケアと共通している部分もありますが、抗酸化成分としては、ルテインが組織の老化を防ぐ上で大切なようです。

では、これらのサプリメントを使ってみて、実際に変化が現れるのかというとはっきりしない部分もありますが、抗酸化成分を多く含む野菜でも補いきれない栄養を別の方法で補填したり、ヒアルロン酸のように、そもそも摂取が難しいものを補う方法として、効果とは別で続けてみるものなのかもしれません。