葉酸サプリメント

安全性と効果のどちらを優先して選ぶべき?

「葉酸サプリの必要性は、赤ちゃんの為」

それなら、安全性で選ぶべきですが、厚生労働省の情報は少し異なります。
胎児の神経閉鎖障害のリスクを下げる研究で用いられた葉酸は、合成葉酸(モノグルタミン酸型)だからです。

「それなら、天然じゃなくても良いの?」
その判断は、このページを読んでからでも遅く有りません。

モノグルタミン酸型葉酸には、過剰症のリスクが有るという事をご存じですか?

葉酸には、天然と合成の2種類が有ります。

  • 合成葉酸:吸収率が良いが過剰症(健康のリスク)がある
  • 天然葉酸:吸収率は悪いが食品由来なので安全

合成葉酸での研究しか行っていないからです。
臨床試験の結果として、胎児の神経閉鎖障害のリスクが減ったから良しとしている事になります。ちなみに、この結果は、日本ではなくアメリカ人で行ったものを引用しているだけに過ぎないようです。

また、天然の葉酸は、食品に含まれる状態と同じなので吸収率が悪いから良くないような言われ方をします。

ですが、これこそが天然葉酸の安全性。

対して、合成葉酸は、吸収率が良すぎるので危険な面を持ちます。
一日に1,000μg以上の合成葉酸の摂取は、”神経障害,発熱,じん麻疹,紅斑,そう痒症,呼吸困難”になるリスクが高くなると報告されているからです。

葉酸のサプリメントをあれこれ探しているうちに、「吸収率の高さを求めること」が優先となっている場合があります。もう一度フラットに戻して、健康のリスクを最小限に抑える事の必要性を考えてみるも大切ではないでしょうか。

安全な葉酸を作る側の立場で考えてみました

  • 妊娠を望むなら葉酸が不足しない事が大切
  • 不足すると胎児の神経管閉鎖障害のリスクに繋がる
  • 厚生労働省も妊婦は追加で摂る事をアナウンスしている

これから生まれてくる子供の為にも葉酸を補う事は大切です。
また、妊婦は、サプリメントとして”妊娠の1ヶ月以上前~妊娠後3ヶ月まで、食事に加えてサプリメントで1日0.4mg(400μg)程度摂ると、神経管閉鎖障害の発症リスクの低減が期待される”と書かれてあります。

「合成は石油由来なんだけど…?」

色々探してみると、この疑問に辿り着きます。
そこで、売る側の立場で二つの葉酸サプリメントの違いを考えてみました。

  • 1.「利益重視」:大量生産可能な石油由来の化学合成葉酸
  • 2.「安全性重視」:100%天然のオーガニック食品由来の葉酸

なぜ石油由来の合成葉酸を作るの?

石油は、資源が豊富で安価な材料です。
つまり、そこから精製される色々な材料は、大量生産できるので安く販売しても利益が出やすいと言えます。

至る所に石油由来の製品が溢れているのが証拠です。
サプリメントメーカーにとって原価率の非常に良い石油由来の葉酸なら、コストパフォーマンスが非常に良いと考える事ができます。

他の理由として、厚生労働省もアナウンスしているように吸収率の良さがあります。
葉酸には、”ポリグルタミン酸型(天然)”と”モノグルタミン酸型(合成)”という二つの種類があります。

このうち、食品に含まれるポリグルタミン酸型は吸収率が悪く、対するモノグルタミン酸型は、体内に吸収されやすい事や神経閉鎖障害のリスクを下げたという臨床結果がモノグルタミン酸型によるものだからだそうです。

その点、身近な多くの食品にも含まれている天然の葉酸は、吸収率が抑えられているのもそうですが、過剰症による悪影響の報告もありません。

原材料が限られるオーガニックは安全性重視

オーガニック材料のみの天然成分100%の葉酸は、材料となるレモンは農薬を使用せずに栽培するところから始まり、それを無添加のクリーンな状態で加工する技術など、手間も時間もかかります。

その分、生産力に限界が有り製造コストもかかりますが、実際に使う人の事を考えると、一番安全な葉酸サプリメントを作る唯一の方法かもしれません。

安全な葉酸サプリなら製造メーカーの社員も好んで飲めるはずです。

吸収率が良くないのは否めませんが、安全性を第一に考えれば、”オーガニック+天然葉酸”の組み合わせが妥当となるのは言うまでも有りません。

石油由来葉酸サプリで見かける内容

  • 「石油由来のものなんて、内服薬でもいくらでもある」
  • 「合成葉酸の方が体内で活性化する」
  • 「そうやって石油由来だから危険だと不安を煽る人間が増えてきた」
  • 「薬ではないので、副作用は有りません。」
  • 「今までは、何の問題も有りませんでした。」
  • 「1日分は微量なので、何らかの健康被害は考えられません。」
  • 「添加物を含め、厚生労働省に認可されているものです。」

このような内容を見かける事があります。

実際、石油由来の科学合成薬は、体内では有害なものと判断されます。
まさに”毒をもって毒を制す”という考え方ですが、症状の治療には有効でも、体内では、毒物に対する解毒作用で多くの酵素を消失します。

妊娠中、授乳中は、薬が制限される理由の一つです。

他人にオススメ出来る葉酸サプリメントなら?

親友の女の子が妊娠したと聞いた時、石油由来のサプリメントをオススメする事は出来るでしょうか?

安心して口に入れて良い”食品”だと思えるものならオススメしても問題ないと思えます。

そうなると、以下のような条件が必要です。

  • 食品に最も近いサプリメント(ホールフードなど)
  • 原材料は無農薬のオーガニック栽培されたもの
  • 化学合成のビタミン・ミネラルなどが無添加のもの

この辺りを意識して選ぶと、妊活中の葉酸サプリメント選びも絞る事が出来ると思います。